Q&A

  • 賃貸と分譲どちらが得ですか?
    ライフスタイルによります。
    転勤の多い方や飽きやすい性格の方。新婚さんなどは賃貸の方が良いのではないでしょうか?
    逆に、もうライフプラン決まり、永住を考えている方などは分譲マンションがおすすめです。
    分譲マンションを購入する際は、表面に出ている以外の固定資産税や修繕積立金、金利上昇などがありますので要注意です。

    ページのトップへ

  • マンションとハイツはどう違うのですか?
    一般的にマンションは重厚感があり、近隣の音が響きにくいとされていますが、家賃がハイツに比べると割高で、湿気が溜まりやすいとされています。
    逆にハイツは家賃が割安で風通しが良い反面、音がマンションに比べると響きやすいのが特徴です。
    ただ、マンションもハイツも他の入居者の方との共同生活になりますので音などのマナーを守ることは大切です。

    ページのトップへ

  • 『保証金』と『敷引き』って何ですか?
    「保証金」は敷金と同じように、家賃の滞納分や借り主の過失による破損・汚損のためのとして預け入れるお金です。
    退去時には「保証金」から「敷引き」を差し引いて返金されます。
    敷引きは契約時にすでに決められています。例えば「保証金50万円、敷引き30万円」とされていたら、最初に50万円を支払い、退去時には30万円が敷引きされて、20万円が返されることになります。
    故意・過失による汚損、破損があった場合やや家賃の滞納が合った場合は変換される20万円から差し引かれての変換となります。

    ページのトップへ

  • 契約の時に必要なものは何でしょうか?
    家主さんによって必要なものが違いますが、一般的な例としてお答えします。
    まず、ご本人様の印鑑。(銀行印・実印・印鑑証明書が必要なときもあります)
    そして住民票、本人の身分を証明するためのもので、市役所・区役所などに行けば交付してくれます。
    また、源泉徴収票や確定申告書などといった収入を証明する書類が必要な場合もあります。
    連帯保証人が必要な場合は、保証人の住民票・印鑑などになります。

    あとはお金です。保証金に仲介手数料、日割り家賃など、総額でいくらになるかはお店の人とよく相談しましょう。
    くれぐれもマンションによって必要なものが違ってくるので、お店の人によく聞いて忘れず用意しておくことが大切です。

    ページのトップへ

  • 入居審査ってどんな審査ですか?
    大家さんがどんな人が入居するのか、本人の職業や収入などを見て家賃の支払い能力があるかなどを審査します。
    審査内容については非公開が基本で、入居可否のみ知らされます。

    ページのトップへ

  • 保証人は誰になってもらえばいいのでしょうか?
    家主さんによって違いますが原則は親族です。安定した収入があれば兄弟、もしくは叔父・叔母でも大丈夫です。

    ページのトップへ

  • 保証人がいないのですが?
    賃貸保証会社を通して契約する方法があります。詳しい内容についてはご相談ください。

    ページのトップへ

  • 家賃の目安はいくらくらいでしょうか?
    平均的には収入の3分の一くらいで借りられる方が多いです。
    予算にこだわりをお持ちの方は多いですので、納得するまで契約しないようにしましょう。

    ページのトップへ

  • 借りている部屋を自分でリフォームしたいのですが?
    賃貸物件の場合、大がかりなリフォームはできないと考えたほうがいいです。
    家主さんの許可なしなら、壁紙を張り替えるだけでも不可です。
    模様替え程度なら可能ですが、借りた時の状態を壊さないことが絶対条件です。
    退去時に借りた時の状態に戻す(原状回復する)ことが条件になります。
    たとえエアコンをつけるときでも工事が発生しますので、必ず家主さんに必ず許可が必要です。
    その際、退去時にもとに戻す必要があるかどうかも確認しておきましょう。
    もとに戻さなければならない場合、そのためにかかる費用は借主が負担することになります。

    ページのトップへ

  • 入居中にエアコンがつぶれてしまいました。
    自然に壊れた場合は、1ルームや1Kの場合は設備として、契約条件に入っているので家主さんの負担で修理・取替えられます。
    ファミリータイプの場合は入居前からついてあった場合も契約内容によって異なりますので、契約書はキチンと確認しましょう。

    ページのトップへ

  • 退去したいのですが・・・。
    いつまでに申し出なければいけないかは必ず契約書に明記されています。必ず事前に確認して下さい。
    一般的にはは退去日の1ヶ月前が基本ですが物件により異なりますので必ず事前に確認してください。
    解約を申し出るときは契約書についている解約通知書を管理会社もしくは家主さんまで提出してください。

    ページのトップへ

  • 退去するときにお金は必要でしょうか。
    契約内容によって異なります。
    保証金を預け、解約時に敷引を引かれる場合は、器物の破損や汚損があった場合にその料金を支払う必要があります。
    礼金で契約した際も同じです。まずは借りているお部屋をきれい使用することを心がけましょう。

    ページのトップへ

ページのトップへ